湯檜曽温泉(読み)ユビソオンセン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯檜曽温泉
ゆびそおんせん

群馬県利根(とね)郡みなかみ町にあり、利根川右岸の支流湯檜曽川の清流に臨む水上温泉郷の一つ。陸奥(むつ)の豪族安倍貞任(あべのさだとう)の子孫がこの地にきて発見したと伝えられる。JR上越線湯檜曽駅に近く、列車のループ式トンネル出入口が上方に見える。泉質は単純温泉。閑静で保養向き。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android