コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯西川[温泉] ゆにしがわ

世界大百科事典 第2版の解説

ゆにしがわ【湯西川[温泉]】

栃木県北西部,塩谷郡栗山村にある温泉。単純泉,50~55℃。鬼怒川の支流湯西川に沿い,標高約700mの地点にある。天正年間(1573‐92)の発見とされるが,長い間ひなびた湯治場であった。1951年に県道が開け,自動車の通行が可能になって以来開発が進んだ。付近一帯の森林からは家具用材が多く産出される。五十里(いかり)湖,蛇王ノ滝,瀬戸合峡などがあり,裏日光探勝の基地となっている。渓流釣りでも知られ,スキー場もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android