コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸合峡 セトアイキョウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬戸合峡
せとあいきょう

栃木県日光市の北西部、鬼怒(きぬ)川上流の山あいに位置する峡谷。川俣(かわまた)ダムから野門(のかど)橋の間、約2キロメートルの鬼怒川の峡谷部をさし、高さ約100メートルの断崖(だんがい)絶壁に樹木を添え、紅葉期の景観が優れ、奥鬼怒に向かう途中の奇観として川俣湖とともに観光ポイントとなっている。日光国立公園に含まれる。岩壁は流紋岩などからなり、風化していて崩れやすい。東武鉄道鬼怒川温泉駅、野岩(やがん)鉄道川治(かわじ)温泉駅からバスが通じる。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

瀬戸合峡の関連キーワード湯西川[温泉]川俣[温泉]川俣

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android