コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸合峡 セトアイキョウ

デジタル大辞泉の解説

せとあい‐きょう〔せとあひケフ〕【瀬戸合峡】

栃木県北西部、鬼怒川上流にある峡谷川俣ダムから下流にかかる野門(のかど)橋まで約2キロメートルにわたって400~500メートルの断崖絶壁が続く。特に紅葉が見事な景勝地。日光国立公園に含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬戸合峡
せとあいきょう

栃木県日光市の北西部、鬼怒(きぬ)川上流の山あいに位置する峡谷。川俣(かわまた)ダムから野門(のかど)橋の間、約2キロメートルの鬼怒川の峡谷部をさし、高さ約100メートルの断崖(だんがい)絶壁に樹木を添え、紅葉期の景観が優れ、奥鬼怒に向かう途中の奇観として川俣湖とともに観光ポイントとなっている。日光国立公園に含まれる。岩壁は流紋岩などからなり、風化していて崩れやすい。東武鉄道鬼怒川温泉駅、野岩(やがん)鉄道川治(かわじ)温泉駅からバスが通じる。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

瀬戸合峡の関連キーワード湯西川[温泉]川俣[温泉]川俣

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android