コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯谷温泉(読み)ゆやおんせん

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕湯谷温泉(ゆやおんせん)


愛知県新城(しんしろ)市東部、宇連(うれ)川沿いにわく行楽向きの温泉。温泉一帯の渓谷は鳳来(ほうらい)峡とよばれ、国指定天然記念物馬背岩(うまのせいわ)など奇勝が連続。北西3kmの鳳来寺(ほうらいじ)山は「ブッポーソー」と鳴くコノハズクで知られ、真言(しんごん)宗鳳来寺や自然科学博物館がある。ナトリウム・カルシウム‐塩化物泉。泉温19.5℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯谷温泉
ゆやおんせん

愛知県東部、新城(しんしろ)市にある、宇連(うれ)川渓谷の温泉。泉質は塩化物泉。名刹(めいさつ)鳳来寺の開祖利修上人(りしゅうしょうにん)の薬湯で、いわくを刻した「鳳液泉の碑」が建っている。川中の「馬背岩」(国の天然記念物)は安山岩の岩脈、凝灰岩の河床から板敷(いたじき)川として有名。JR飯田(いいだ)線湯谷温泉駅がある。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

湯谷温泉の関連情報