新城市(読み)しんしろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新城〔市〕
しんしろ

愛知県東部,豊川の上・中流域にある市。西部は美濃三河高原上に位置し,東で静岡県に接する。 1955年新城町,千郷村,東郷村,舟着村,八名村が合体し,1958年市制。 2005年鳳来町,作手村と合体。近世,菅沼氏の陣屋があったが,三河と信濃を結ぶ伊那街道の宿場町として発展。豊川水運の終点にあたり,水陸交通の結節点であった。明治に入り中央本線,豊川鉄道の開通に伴い重要性を失った。第2次世界大戦後は畜産を振興し,カキ (柿) やチャ (茶) などの樹園経営も行なわれた。高度成長期に工業化が進み,内陸工業地帯となっている。鳳来寺山 (国指定名勝・天然記念物) の山頂付近にある鳳来寺は,仁王門と東照宮が国の重要文化財に指定されるほか,「三河の田楽」として国の重要無形民俗文化財に指定される鳳来寺田楽が行なわれる。阿寺の七滝,乳岩および乳岩峡は国の名勝・天然記念物,馬背岩,黄柳野 (つげの) ツゲ (黄楊) 自生地,甘泉寺のコウヤマキ (高野槇) は国の天然記念物に指定。ほかに望月家住宅 (国指定重要文化財) ,長篠城跡 (国指定史跡) ,鳳来峡,サクラの名所として知られる桜淵などがある。市域の一部は愛知高原国定公園天竜奥三河国定公園桜淵県立自然公園本宮山県立自然公園に属する。 JR飯田線,国道 151号線,257号線,301号線が通る。面積 499.23km2。人口 4万7133(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新城市の関連情報