コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源仲兼 みなもとの なかかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源仲兼 みなもとの-なかかね

?-? 平安後期-鎌倉時代の官吏。
源仲国,源仲章の弟。宇多源氏宣陽門院蔵人(くろうど)。近江(おうみ)などの国守,皇后宮少進をつとめた。後白河院近習で,法住寺の院御所が源義仲に焼き討ちされた際は弟仲信とともに奮戦した。建保(けんぽ)元年(1213)源実朝につかえた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源仲兼

生年:生没年不詳
平安末期・鎌倉初期の後白河院の有力近習仲国の弟。父は河内守光遠。仲兼も近江をはじめとする諸国の守を務めて財を蓄え,造営事業などを請け負った。建永1(1206)年に火災にあった比叡山の大講堂の再建を担当。また,建保1(1213)年ごろには,鎌倉で源実朝に仕えている。なお,子孫は代々院細工所を統轄したと思われる。

(本郷恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

源仲兼の関連キーワード源仲頼(1)鎌倉時代源仲遠生年官吏

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android