コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇多源氏 うだげんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇多源氏
うだげんじ

宇多天皇の皇子斉世,敦慶,敦固,敦実の4親王の子を祖とする氏族。それぞれ姓を賜わって臣籍に降り,宇多源氏といわれた。そのうち,敦実親王の子雅信,重信の流れが最も栄えた。なかでも,雅信は左大臣となり,娘倫子を藤原道長の室にするなどして,子孫繁栄の基礎を築いた。その子時仲の流れは,室町時代,後花園,後柏原両天皇の母を出した庭田氏や,音曲の家である綾小路氏となり,時仲の弟時方の流れは五辻氏となり,いずれも朝廷に奉仕した。また,同じく時仲の弟扶義の流れは,近江佐々木に住んで佐々木氏となり,これから,六角,京極,塩冶,尼子の各氏が出て室町,戦国時代,武家として活躍した。 (→源氏 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

宇多源氏【うだげんじ】

源氏

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うだげんじ【宇多源氏】

宇多天皇を祖とする賜姓源氏。一世の賜姓は藤原忠平室となった源順子など女子のみで,他は斉世,敦慶,敦固,敦実諸親王の子の賜姓である。敦実親王の系統が最も栄えた。親王の子源雅信(920‐993)は左大臣として朝廷に重きをなし,弟重信(922‐995)も左大臣に昇ったが,ともに父敦実親王の才能をうけて音楽の道に秀でていた。雅信の兄の寛朝(かんちよう),弟雅慶(がけい)はともに東寺長者,法務,大僧正となり,真言密教の重鎮として活躍した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うだげんじ【宇多源氏】

宇多天皇の第九皇子敦実あつみ親王を祖とする源氏。親王の子雅信・重信・寛信の三人が源姓を賜った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇多源氏
うだげんじ

宇多天皇の4皇子の子孫で源(みなもと)姓を与えられて臣籍に入った者の流れ。敦実(あつざね)親王の子雅信(まさのぶ)の子孫が最も栄え、綾小路(あやのこうじ)、庭田(にわだ)、五辻(いつつじ)、慈光寺(じこうじ)、春日(かすが)氏などの公家(くげ)や武家の佐々木氏(近江(おうみ)源氏)が出た。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宇多源氏の言及

【佐々木氏】より

…孝元天皇の皇子大彦命の子孫,狭々城山君を祖と伝える佐々貴山公氏(以下佐々貴氏と略称)は,沙沙貴神社を氏神とし,近江国蒲生郡を中心に栄え,奈良・平安時代には蒲生郡,神崎郡の大領などに就任した。一方,宇多天皇の皇子敦実親王の子の雅信は936年(承平6)源の姓を賜って臣籍に下り,その孫成頼は近江に土着して宇多源氏系佐々木氏の祖となり,孫の経方は蒲生郡佐々木荘小脇の館に住んだ。こうした佐々貴氏の北に接して宇多源氏系佐々木氏が土着し,両者の同化も進んだ。…

※「宇多源氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宇多源氏の関連キーワード大原 重明佐々木秀義佐々木定綱綾小路敦有大原重明朽木陣屋吉田宗桂近江源氏綾小路家尼子氏朽木氏竹腰氏黒田氏あつみ源経信六角氏源仲章源仲兼源仲国源基綱

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android