コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源保光(読み)みなもとの やすみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源保光 みなもとの-やすみつ

924-995 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
延長2年生まれ。代明(よりあきら)親王の第2王子。母は藤原定方の娘。醍醐(だいご)源氏天禄(てんろく)元年(970)参議となり,のち中納言,従二位。桃園中納言とよばれる。長徳元年5月9日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源保光

没年:長徳1.5.9(995.6.9)
生年:延長2(924)
平安中期の公卿。桃園中納言と称される。従二位。醍醐天皇の皇子代明親王の次男で母は右大臣藤原定方の娘。賜姓源氏蔵人頭を経て,天禄1(970)年47歳のとき参議に任じられ,さらに中納言に進んで7年目に死去。この年は疫病が流行し,8人の公卿が他界した。火葬を嫌った保光の遺骸は,生前彼の手になった松前寺に埋葬され,のちに他の地に改葬された。妹の荘子女王は村上天皇の女御になり具平親王を生んだ。邸宅は左京の一条大宮つまり大内裏と至近のところにあった桃園で,これが娘を通してその子(保光の孫)藤原行成に伝えられた。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android