コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長徳 チョウトク

デジタル大辞泉の解説

ちょうとく〔チヤウトク〕【長徳】

平安中期、一条天皇の時の年号。995年2月22日~999年1月13日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうとく【長徳】

年号(995.2.22~999.1.13)。正暦の後、長保の前。一条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうとく【長徳】

日本の元号(年号)。平安時代の995年から999年まで、一条(いちじょう)天皇の代の元号。前元号は正暦(しょうりゃく)。次元号は長保(ちょうほう)。995年(正暦6)2月22日改元。前年から広まり始めた疾疫(天然痘(てんねんとう))などの凶事を振り払うために行われた(災異改元)。『揚雄(ようゆう)文』『城門校尉箴(じょうもんこういしん)』を出典とする命名。疫病の流行が続く中、995年(長徳1)に関白の藤原道隆(みちたか)が死去し、その後継をめぐって朝廷と藤原氏内部で政争が起こった。996年(長徳2)には、叔父の藤原道長(みちなが)と関白の座を争った藤原伊周(これちか)(道隆三男)が、花山(かざん)法皇に矢を射かける事件を起こし、大宰権帥(だざいのごんのそち)に左遷されている(長徳の変)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

長徳の関連キーワード群馬県吾妻郡東吾妻町新巻千葉県千葉市緑区富岡町三重県多気郡多気町河田新潟県十日町市友重乙円教寺(京都市)盛子内親王(1)隆子女王(2)埼玉県川口市芝御堂関白記楽子内親王藤原定頼母『枕草子』賀茂保憲女脩子内親王敦儀親王大宰権帥昭登親王藤堂高邦災異改元藤原道長

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長徳の関連情報