コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長徳 チョウトク

3件 の用語解説(長徳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうとく〔チヤウトク〕【長徳】

平安中期、一条天皇の時の年号。995年2月22日~999年1月13日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうとく【長徳】

年号(995.2.22~999.1.13)。正暦の後、長保の前。一条天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうとく【長徳】

日本の元号(年号)。平安時代の995年から999年まで、一条(いちじょう)天皇の代の元号。前元号は正暦(しょうりゃく)。次元号は長保(ちょうほう)。995年(正暦6)2月22日改元。前年から広まり始めた疾疫(天然痘(てんねんとう))などの凶事を振り払うために行われた(災異改元)。『揚雄(ようゆう)文』『城門校尉箴(じょうもんこういしん)』を出典とする命名。疫病の流行が続く中、995年(長徳1)に関白の藤原道隆(みちたか)が死去し、その後継をめぐって朝廷と藤原氏内部で政争が起こった。996年(長徳2)には、叔父の藤原道長(みちなが)と関白の座を争った藤原伊周(これちか)(道隆三男)が、花山(かざん)法皇に矢を射かける事件を起こし、大宰権帥(だざいのごんのそち)に左遷されている(長徳の変)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長徳の関連キーワード元号私年号年号逸年号王朝時代元号法正暦平安時代文学平安朝和暦

長徳の関連情報