コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原定方 ふじわらの さだかた

2件 の用語解説(藤原定方の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原定方 ふじわらの-さだかた

873-932 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
貞観(じょうがん)15年生まれ。藤原高藤(たかふじ)の次男。母は宮道(みやじの)列子。延喜(えんぎ)9年(909)参議となり,のち右大臣,従二位にすすむ。娘婿の藤原兼輔(かねすけ)とともに,宇多・醍醐(だいご)朝の宮廷歌壇をささえた。「古今和歌集」以下の勅撰集に18首がはいる。承平(じょうへい)2年8月4日死去。60歳。贈従一位。家集に「三条右大臣集」。
【格言など】名にし負はば逢坂(あふさか)山のさねかづら人に知られでくるよしもがな(「小倉百人一首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのさだかた【藤原定方】

873~932) 平安前期の歌人。高藤の子。右大臣。三条右大臣と呼ばれる。宮廷歌壇を支える役割を果たした。「古今和歌集」以下の勅撰集に一九首入集。家集「三条右大臣集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原定方の関連キーワード公卿給地下の公卿小野好純勝岡源清鑒源近善源長猷源憲定源基平源泰清

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone