コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原定方 ふじわらの さだかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原定方 ふじわらの-さだかた

873-932 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
貞観(じょうがん)15年生まれ。藤原高藤(たかふじ)の次男。母は宮道(みやじの)列子。延喜(えんぎ)9年(909)参議となり,のち右大臣,従二位にすすむ。娘婿の藤原兼輔(かねすけ)とともに,宇多・醍醐(だいご)朝の宮廷歌壇をささえた。「古今和歌集」以下の勅撰集に18首がはいる。承平(じょうへい)2年8月4日死去。60歳。贈従一位。家集に「三条右大臣集」。
【格言など】名にし負はば逢坂(あふさか)山のさねかづら人に知られでくるよしもがな(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじわらのさだかた【藤原定方】

873~932) 平安前期の歌人。高藤の子。右大臣。三条右大臣と呼ばれる。宮廷歌壇を支える役割を果たした。「古今和歌集」以下の勅撰集に一九首入集。家集「三条右大臣集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藤原定方の関連キーワード藤原朝忠代明親王藤原朝成荘子女王藤原能子藤原兼輔藤原済時藤原芳子藤原為時源重光源保光勅撰集源延光家集

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android