コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源元長 みなもとの もとなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源元長 みなもとの-もとなが

?-883 平安時代前期,光孝天皇の皇子。
貞観(じょうがん)5年(863)従四位上,ついで下野権守(しもつけのごんのかみ)。12年源姓をあたえられて臣籍にはいり,同年次侍従となった。元慶(がんぎょう)7年3月死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源元長の関連キーワードザンジの乱惟宗氏認知症サポーター四谷の千枚田液体金属ナトリウム金属ナトリウムアッシュールナトリウム清内雄行内蔵有永

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android