コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟宗氏 これむねうじ

2件 の用語解説(惟宗氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

これむねうじ【惟宗氏】

平安時代,明法道(律令学)を家業とし,著名な明法家が輩出した氏族。もと秦公(はたのきみ)姓で,讃岐国香川郡を本貫地とし,秦始皇帝12世の孫功満王の子融通王の苗裔と称する渡来系氏族。9世紀なかばに平安京に貫を移し,883年(元慶7),同族の秦宿禰,秦忌寸とともに惟宗朝臣となる。直宗(なおむね)・直本(なおもと)の兄弟があいついで明法博士に任じて以後,直宗の子と推定される善経(よしつね),直本の子公方(きんかた),公方の子と推定される致明(ゆきあき)・公平(きんひら),致明の子とみられる允亮(ただすけ)・允政(允正)(ただまさ)・輔政(すけまさ)など,いずれも家学を伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

惟宗氏
これむねし

883年(元慶7)秦宿禰永原(はたのすくねながはら)、秦公直宗(きみなおむね)、秦忌寸永宗(いみきながむね)、秦忌寸越雄(こしお)、秦公直本(なおもと)ら男女19人に惟宗朝臣(あそん)を賜ったことに始まる渡来系氏族。秦始皇帝(しこうてい)12世の孫、功満王(こうまんおう)の子、融通王(ゆうずうおう)の苗裔(びょうえい)で、応神(おうじん)朝に来日したと自称する。うち直宗・直本兄弟は877年讃岐国(さぬきのくに)香川郡から左京に移貫した者だが、永宗は山城の秦氏。直宗は883年には明法博士(みょうぼうはかせ)であり、この一族からは直宗の子と推定される『延喜格式(えんぎきゃくしき)』の撰者善経(よしつね)、直本の子で『本朝月令(ほんちょうげつれい)』の著者公方(きんかた)、その子孫の允亮(ただすけ)、允正(ただまさ)、道成(みちなり)など、平安中期に一流の明法博士を輩出した。また永原の子孫には具範(とものり)、孝言(たかとき)などの文人・歌人や、俊雅(としまさ)とその子孫のように医道で知られた人々もいる。なお1088年(寛治2)国任(くにとう)の明法博士任命を最後に、惟宗氏から明法博士に任じられる者は後を絶った。[柴田博子]
『利光三津夫著『続 律令制の研究』(1988・慶応義塾大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の惟宗氏の言及

【宗氏】より

…鎌倉時代から明治維新まで対馬などを支配した北九州の豪族,大名。出自については平知盛後胤説,対馬との関係では1245年(寛元3)宗重尚の阿比留(あびる)氏討伐説が流布していたが,現在は両説とも後世の捏造(ねつぞう)で,出自は大宰府府官惟宗(これむね)氏の武士化したものとされる。対馬との関係で確実・最古の人物は,1274年(文永11)のモンゴル襲来時に対馬で戦死した対馬国地頭代の宗資国である。…

※「惟宗氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

惟宗氏の関連キーワード勘文明法道明法博士四部の博士明法道志竹屋兼俊中原章貞中原基広源師賢

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone