源国基(読み)みなもとの くにもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源国基 みなもとの-くにもと

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
源行頼の子。清和源氏の流れをくみ,源頼朝の一族として,文治(ぶんじ)2年(1186)伊勢(いせ)(三重県)玉垣御厨(みくりや)の領家職(しき)をあたえられた。朝廷と幕府間の交渉にもあたっていたとみられ,元仁(げんにん)元年九条道家の使者として鎌倉におもむいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android