コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源定房 みなもとの さだふさ

2件 の用語解説(源定房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源定房 みなもとの-さだふさ

1130-1188 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
大治(だいじ)5年生まれ。源雅兼(まさかね)の4男。母は源能俊(よしとし)の娘。源雅定(まささだ)の養子となる。保元(ほうげん)2年(1157)参議。のち正二位,大納言。堀川大納言とよばれた。和歌,書にすぐれた。文治(ぶんじ)4年7月17日死去。59歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源定房

没年:文治4.7.17(1188.8.11)
生年:大治5(1130)
平安末・鎌倉初期の公卿。村上源氏の権中納言雅兼の4男。母は大納言源能俊の娘。右大臣源雅定の猶子となり,美福門院に仕えて昇進。久寿2(1155)年美福門院が養育していた守仁親王(二条天皇)が東宮となると,東宮権亮となり,蔵人頭を経て保元2(1157)年参議に上る。翌年二条天皇の即位に伴って従三位に叙せられ,長寛2(1164)年には中宮藤原育子の権大夫となるなど,二条天皇に近侍した。また美福門院の死後はその娘の八条院にも仕え,応保1(1161)年に八条院の別当となる。仁安3(1168)年に大納言となり,晩年には後白河法皇の別当にもなった。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

源定房の関連キーワード源定房朱熹愛鷹山イーゴリ軍記吉記浄妙寺千載和歌集長講堂チンギス・ハーン一条能保

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone