コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源最子 みなもとの さいし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源最子 みなもとの-さいし

?-886 平安時代前期,光孝天皇の皇女。
元慶(がんぎょう)8年天皇より源朝臣の氏姓をあたえられ臣籍にはいる。仁和(にんな)2年7月7日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源最子の関連キーワードバシレイオス[1世]バシリウス1世ステファヌス5世(6世)バシリカ法典フォティオスみなす地域おこし協力隊讃岐国府神舞神舞(かんまい)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android