コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源最子 みなもとの さいし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源最子 みなもとの-さいし

?-886 平安時代前期,光孝天皇の皇女。
元慶(がんぎょう)8年天皇より源朝臣の氏姓をあたえられ臣籍にはいる。仁和(にんな)2年7月7日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源最子の関連キーワードバシレイオス[1世]バシリウス1世ステファヌス5世(6世)バシリカ法典フォティオスみなす地域おこし協力隊讃岐国府神舞神舞(かんまい)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android