コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源清蔭 みなもとの きよかげ

1件 の用語解説(源清蔭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源清蔭 みなもとの-きよかげ

884-950 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
元慶(がんぎょう)8年生まれ。陽成天皇の第1皇子。母は紀氏。延長3年(925)参議となり,同年源姓をあたえられた。正三位,大納言にすすむ。勅撰集には「後撰和歌集」以下に8首はいっている。天暦(てんりゃく)4年7月3日死去。67歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源清蔭の関連キーワード高温ガス炉恒貞親王恒貞親王陽成天皇光孝天皇煕子女王原子力製鉄正倉院地方自治体の財政再建制度牧港補給地区(キャンプ・キンザー)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone