コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒貞親王 つねさだしんのう

5件 の用語解説(恒貞親王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恒貞親王
つねさだしんのう

[生]天長2(825).京都
[没]元慶8(884).9.20. 京都
淳和天皇の第2皇子。母は皇后正子内親王。天長 10 (833) 年仁明天皇皇太子となり,嵯峨,淳和両上皇に愛されたが,承和9 (842) 年承和の変 (廃太子の変) によって皇太子を廃され,淳和院に移されて東亭子に住んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒貞親王 つねさだしんのう

825-884 平安時代前期,淳和(じゅんな)天皇の第2皇子。
天長2年生まれ。母は正子(せいし)内親王。天長10年仁明(にんみょう)天皇の皇太子となるが,嵯峨(さが)上皇死去の際,橘逸勢(たちばなの-はやなり),伴健岑(ともの-こわみね)らがくわだてた事件(承和(じょうわ)の変)に関係したとして皇太子を廃された。三品(さんぼん)に叙されるが出家。元慶(がんぎょう)8年9月20日死去。60歳。法名は恒寂(ごうじゃく)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

恒貞親王

没年:元慶8.9.20(884.10.12)
生年:天長2(825)
平安前期の皇族。淳和天皇と皇后正子内親王(嵯峨天皇皇女)の子。亭子親王とも。天長10(833)年10月,嵯峨上皇の意向により仁明天皇の即位に伴って9歳で皇太子となったが,仁明には皇子道康(藤原良房の甥,7歳。のち文徳天皇)がいただけに,当初から不安が予想された。『恒貞親王伝』によれば成長するにつれ,嵯峨,淳和両上皇死去後のわが身を思い,「禍機測りがたし」として再三皇太子を辞退したが許されなかったという。嵯峨上皇没後に起こった承和の変(842)によって廃太子され,淳和院に移された。事件は道康立太子を意図する藤原良房の画策とみられる。嘉祥2(849)年1月三品を授けられたが,出家して恒寂と号し,のち大覚寺の開祖となった。元慶8(884)年,陽成天皇廃位のあと藤原基経から即位を要請されたが,固辞した。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つねさだしんのう【恒貞親王】

825‐884(天長2‐元慶8)
淳和天皇の第2皇子,母は嵯峨天皇皇女,皇后正子内親王。833年(天長10)仁明天皇即位にともない皇太子となり,嵯峨・淳和両上皇に寵愛されたが,842年(承和9)の承和の変に連座して廃太子となった。以降淳和院東の亭子に起居し,849年(嘉祥2)に出家して恒寂(ごうじやく)と諱し大覚寺を開いた。持戒精進し,真言・天台の教義のほか史伝・五経も学び,隷書・音楽にも優れていた。陽成天皇の廃位のおり,884年に藤原基経から即位の要請があったが固辞し,まもなく60歳で没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恒貞親王
つねさだしんのう
(825―884)

淳和(じゅんな)天皇の第二皇子。母は嵯峨(さが)天皇の皇女正子内親王。仁明(にんみょう)天皇の皇太子になったが、早くから前途に不安をもち皇太子を辞そうとしたという。842年(承和9)に承和(じょうわ)の変が起こり、これに連座して皇太子を廃せられ、かわりに後の文徳(もんとく)天皇が皇太子となって藤原北家(ほっけ)が興隆することになった。親王はのち淳和院の東の亭子(ていし)に住み、亭子親王といわれ、その後出家して恒寂(こうじゃく)と称した。884年(元慶8)2月、陽成(ようぜい)天皇を廃位に追い込んだ藤原基経(もとつね)は親王を次の天皇にたてようとしたが、親王は高齢でしかも仏門に入っていることを理由に辞退し、その年9月死去した。伝記に『恒貞親王伝』がある。[福井俊彦]
『藤木邦彦著『日本全史3 古代』(1959・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の恒貞親王の言及

【承和の変】より

…それは嵯峨上皇が没する直前に,阿保親王(平城天皇皇子)が,伴健岑らの陰謀を太皇太后橘嘉智子に密告したことによる。健岑らが上皇死後の混乱に乗じて,皇太子恒貞親王(つねさだしんのう)を奉じて東国に赴いて乱を起こそうとしている,というのである。密告をうけた橘嘉智子は中納言藤原良房にひそかに伝え,先のような軍事行動となったのである。…

※「恒貞親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

恒貞親王の関連キーワード有子内親王(1)高志内親王正子内親王正子内親王(1)崇子内親王高津内親王珍子内親王濃子内親王平子内親王孟子内親王

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone