コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源満政 みなもとの みつまさ

2件 の用語解説(源満政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源満政 みなもとの-みつまさ

?-? 平安時代中期の武人。
源経基(つねもと)の次男。源満仲の弟。清和源氏一条天皇の代に,兄とともに有力な武者にかぞえられる。陸奥(むつ),武蔵(むさし)などの国守を歴任,鎮守府将軍となった。長保元年(999)以降たびたび藤原道長に馬を献上している。子孫は三河源氏。通称は八島大夫,村岡大夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源満政

生年:生没年不詳
平安中期の武将。父は賜姓源氏の経基。満仲の弟。八島大夫,村岡大夫と称される。正暦5(994)年朝廷派遣の盗賊探索の一員に加わっており,「武勇の人」とか「武者」と呼ばれている。11世紀初め藤原道長に10頭単位で2回も馬を献上したほか,「翡翠」という名馬も献じている。当時としても破格な贈り物は,陸奥守や武蔵守を歴任した際に得たものであろう。平安京の左京一条という高級住宅域に邸宅を所持していたのも受領在任中に得た財力によるものと思われる。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源満政の関連キーワード平良兼扶桑集源経基源満仲源頼信源氏の君源氏の間碓井貞光源重光源頼親

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone