源為義妻(読み)みなもとの ためよしの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源為義妻 みなもとの-ためよしの-つま

?-1156 平安時代後期の女性。
保元(ほうげん)の乱後の処分として,保元元年7月子の乙若,亀若,鶴若,天王が京都船岡山で処刑されたことを八幡宮参詣の帰途に知らされ,乳母とともに桂川に身をなげたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android