コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源為義妻 みなもとの ためよしの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源為義妻 みなもとの-ためよしの-つま

?-1156 平安時代後期の女性。
保元(ほうげん)の乱後の処分として,保元元年7月子の乙若,亀若,鶴若,天王が京都船岡山で処刑されたことを八幡宮参詣の帰途に知らされ,乳母とともに桂川に身をなげたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源為義妻の関連キーワード保元

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android