コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源生 みなもとの いける

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源生 みなもとの-いける

821-872 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
弘仁(こうにん)12年生まれ。嵯峨(さが)天皇の皇子。母は笠継子(かさの-つぐこ)。臣籍にはいり,源姓となる。貞観(じょうがん)6年参議となり,相模守(さがみのかみ),右衛門督(うえもんのかみ)などを兼任した。正四位下。貞観14年8月2日死去。52歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源生の関連キーワードエコロジカルフットプリント循環型社会形成推進基本法細胞内共生説相川 広秋西脇 昌治大村 秀雄循環型社会海洋深層水可採年数鉱物資源岡山大学大村秀雄丁一権太平洋大西洋弘仁資源公卿源加

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源生の関連情報