コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源雅賢 みなもとの まさかた

2件 の用語解説(源雅賢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源雅賢 みなもとの-まさかた

1148-1192 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
久安4年生まれ。源通家の子。母は皇嘉門院の雑仕(ぞうし),真木屋。源資賢(すけかた)の孫。文治(ぶんじ)元年参議,3年従三位にすすむ。宇多源氏の楽家の伝統をつぎ,催馬楽(さいばら),今様,笙(しょう),和琴(わごん)にすぐれていた。建久3年9月死去。45歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源雅賢

没年:建久3.9(1192)
生年:久安4(1148)
平安末から鎌倉初期の公家,楽人。郢曲源家の嫡流で,源通家と皇嘉門院(賀陽門院とも)雑仕真木屋の子。父の早世により祖父資賢の子となる。永暦1(1160)年叙爵,上総守などを経て嘉応2(1170)年右少将,養和2(1182)年資賢が権大納言を辞すのとひきかえに右近中将,元暦2(1185)年蔵人頭,文治3(1187)年従三位。この間三度の解官と境外追放を体験。後白河法皇に「(家)重代なり,沙汰に及ばず」と今様について太鼓判を押された(『梁塵秘抄口伝集』)雅賢は,承安4(1174)年の今様合で勝ちを収めるが,負けた泰通でさえ「優美」と評された(『吉記』)。建久3(1192)年持病に法皇の死が重なり出家,死去。

(小川寿子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源雅賢の関連キーワード郢曲大番役玉葉随兵武蔵七党六条家六家集雑談城南寺祭海人の刈藻

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone