コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源顕兼 みなもとの あきかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源顕兼 みなもとの-あきかね

1160-1215 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
永暦(えいりゃく)元年生まれ。村上源氏,源宗雅(むねまさ)の子。従三位,刑部卿(ぎょうぶきょう)。52歳で出家し,諸書から説話をあつめて「古事談」6巻を編集した。ひろく歌人と交遊,ことに藤原定家としたしかった。建保(けんぽ)3年2月死去。56歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源顕兼

没年:建保3.2(1215)
生年:永暦1(1160)
鎌倉前期の説話集編者。父は源宗雅,母は石清水八幡別当光清の娘。建仁3(1203)年父の譲りにより刑部卿,承元2(1208)年従三位。建暦1(1211)年出家。『中外抄』を書写し,『明月記』によると「家の秘事」を披露するなど,故実に通じ,また射手や舞人を務め,諸芸に堪能な一面もある。和歌は正治2(1200)年「石清水若宮歌合」に参加,建仁1(1201)年後鳥羽院の和歌試「十首歌会」に詠進している(及第しなかったか)。出家後,故事に関する説話を集めて部類分けした『古事談』を編纂,先行文献から抄出する切り口に独自性がある。藤原定家と親しく,また『隆信集』に贈答歌が載る。『新勅撰集』に1首入集。

(今村みゑ子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の源顕兼の言及

【古事談】より

…鎌倉初期の説話集。源顕兼(あきかね)編。1212年(建暦2)以後15年(建保3)2月までに成立。…

※「源顕兼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

源顕兼の関連キーワード鎌倉時代日本文学公卿

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源顕兼の関連情報