準強制性交等罪(読み)ジュンキョウセイセイコウトウザイ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐きょうせいせいこうとうざい〔‐キヤウセイセイカウトウザイ〕【準強制性交等罪】

人の心神喪失や抵抗ができないことに乗じて、または暴力・脅迫によらずこれらの状態にして、性交等をする罪。刑法第178条第2項が禁じ、5年以上の有期懲役に処せられる。準強制性交罪。→強制性交等罪
[補説]性犯罪を厳罰化した平成29年(2017)の法改正により、準強姦罪構成要件法定刑を見直し、名称を変更したもの。性別に関係なく適用され、被害者告訴がなくても起訴できる非親告罪に改められた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

準強制性交等罪の関連情報