準強姦罪(読み)ジュンゴウカンザイ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐ごうかんざい〔‐ガウカンザイ〕【準強×姦罪】

女性の心神喪失や抵抗ができないことに乗じて、または暴行脅迫によらずこれらの状態にして姦淫する罪。平成29年(2017)の法改正により、準強制性交等罪に改められた。
[補説]改正前の刑法第178条第2項が禁じ、3年以上の有期懲役に処せられた。睡眠や、酒・薬物による昏睡状態にある女性、知的障害や性的知識の乏しい女性をだまして性交する場合などに適用された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんごうかんざい【準強姦罪】

人の心神喪失もしくは抵抗困難な状態に乗じ、またはそのような状態に陥らせて姦淫する犯罪。強姦罪と同様に罰せられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

準強姦罪の関連情報