コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝口政親 みぞぐち まさちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

溝口政親 みぞぐち-まさちか

1653-1693 江戸時代前期の大名。
承応(じょうおう)2年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)水口(みなくち)藩主加藤明友の次男。溝口政良の養子となり,天和(てんな)3年(1683)越後(えちご)(新潟県)沢海(そうみ)藩主溝口家4代。貞享(じょうきょう)3年家臣が政親の酒狂乱心を実兄加藤明英にうったえ,幕命で翌年改易(かいえき)。元禄(げんろく)6年7月19日死去。41歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

溝口政親の関連キーワード承応

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android