真正極楽寺(読み)しんしょうごくらくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真正極楽寺
しんしょうごくらくじ

京都市左京区にある天台宗の寺院で,別称真如堂。寺伝の『真如堂縁起絵巻』によれば,円仁が入唐して帰朝した際に,船上に現れた阿弥陀如来を彫刻して延暦寺の常行堂に安置した。それを正暦3 (992) 年に,戒算が夢告により,神楽岡東にあった東三条院の離宮に建てた一宇に移した。同5年には一条天皇の勅願寺となり,大寺院として堂塔伽藍が整備されたという。応仁の乱で焼失したのち,移転を余儀なくされ各地を転々としたが,文明 16 (1484) 年足利義政の寄進により現在地に再建された。その後再び移転をするが,元禄6 (1693) 年現在地に戻り天台宗に復した。大永4 (1524) 年に制作された紙本著色『真如堂縁起絵巻』3巻は,詞を後柏原天皇尊鎮法親王が書き,絵は掃部頭助久国の筆による。本尊阿弥陀如来は重要文化財。また国宝として寿永2 (1183) 年の奥書をもつ,仏師運慶の願経である『法華経』6巻を所蔵する。同じく寺宝の『慈円僧正消息』は重要文化財。 11月5日から 15日まで「お十夜」の盛大な念仏供養が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんしょうごくらくじ【真正極楽寺】

京都市左京区にある天台宗の寺。山号は鈴声山。俗に真如堂として有名。当初は天台宗,室町時代は浄土宗,1693年(元禄6)再び天台宗に改宗。992年(正暦3)比叡山の戒算が,一条天皇の母東三条院藤原詮子の発願で,延暦寺常行堂の阿弥陀如来像を現寺地近くの神楽岡(かぐらおか)にあった女院の離宮に移し,寺院に改めたのが起源という。朝幕の保護のもと堂塔伽藍を整備して天台の名刹として栄えたが,1468年(応仁2)兵火で全焼,寺運はまったく衰えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真正極楽寺の関連情報