コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滂沱 ボウダ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐だ〔バウ‐〕【××沱】

[ト・タル][文][形動タリ]
雨の降りしきるさま。
「唯猛雨の―たるを聞くのみ」〈織田訳・花柳春話
涙がとめどもなく流れ出るさま。
「涙―として禁ぜず」〈秋水・兆民先生〉
汗・水などが激しく流れ落ちるさま。
「馬背の流汗―として掬(きく)すべく」〈鏡花・義血侠血〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうだ【滂沱】

( トタル ) [文] 形動タリ 
雨が激しく降るさま。 「唯だ猛雨の-たるを聞くのみ/花柳春話 純一郎
涙がとめどなく流れるさま。 「君を懐ふて涙-たり/佳人之奇遇 散士
水・汗などが激しく流れ落ちるさま。 「馬背の流汗-として掬すべく/義血俠血 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

滂沱の関連キーワード下る・降る・瀉る知念栄喜赤富士散士

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滂沱の関連情報