滂沱(読み)ボウダ

  • ×滂×沱
  • ぼうだ バウ‥
  • ぼうだ〔バウ〕

デジタル大辞泉の解説

[ト・タル][文][形動タリ]
雨の降りしきるさま。
「唯猛雨の―たるを聞くのみ」〈織田訳・花柳春話
涙がとめどもなく流れ出るさま。
「涙―として禁ぜず」〈秋水・兆民先生〉
汗・水などが激しく流れ落ちるさま。
「馬背の流汗―として掬(きく)すべく」〈鏡花・義血侠血〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

トタル [文] 形動タリ 
雨が激しく降るさま。 唯だ猛雨の-たるを聞くのみ/花柳春話 純一郎
涙がとめどなく流れるさま。 君を懐ふて涙-たり/佳人之奇遇 散士
水・汗などが激しく流れ落ちるさま。 馬背の流汗-として掬すべく/義血俠血 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動タリ〙
① 雨がはげしく降るさま。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「若乃。旱魃焦葉。召那伽。以霶沱」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三三「唯だ猛雨の滂沱(バウダ)たるを聞くのみ」 〔詩経‐小雅・漸漸之石〕
② 涙がとめどなく流れ出るさま。
※菅家文草(900頃)五・仮中書懐詩「一歎腸廻転、再歎涙滂沱」
※心のたどり(1904)〈綱島梁川〉「涕(なみだ)滂沱(バウダ)として流れたり」 〔詩経‐陳風・沢陂〕
③ 激しく流れ、落ちるさま。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔蜀志‐蒋琬伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

滂沱の関連情報