滅度(読み)メツド

大辞林 第三版の解説

めつど【滅度】

〘仏〙
煩悩ぼんのうをすべて消滅させ、完全な悟りの状態を実現すること。涅槃ねはん
仏・菩薩、または高僧などが死ぬこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めつ‐ど【滅度】

〘名〙 仏語。
① さとり。生死の迷いを超越したさとりの境地
※法華義疏(7C前)一「言昔日只就分段故。云滅度。而今猶有変易。故実不滅也」
② 仏の死。入入寂
※勝鬘経義疏(611)一乗章「謂仏滅度後五百年中余風未毀」 〔法華経‐序品〕
③ 僧などが死ぬこと。入寂。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「聖宝僧正滅度八百年の後に至て、勅贈大師号の事」 〔崔顥‐贈懐一上人詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の滅度の言及

【涅槃】より

…サンスクリットのニルバーナnirvāṇaをなまった俗語からの音写語と考えられ,そのほか泥洹(ないおん),泥曰(ないおつ),などとも表記される。〈吹き消された〉ことという意味に起源する語で,本来は生命の火が吹き消された状態,すなわち〈死〉を意味するので,滅度(めつど),寂滅(じやくめつ)などと訳された。この語は,仏教では最初釈迦の死を意味したところから,後になって〈迷いの燃えさかる火を完全に消し,悟りに入った境地〉という解釈がつけ加えられた。…

※「滅度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android