コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崔顥 さいこうCui Hao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崔顥
さいこう
Cui Hao

[生]長安4(704)
[没]天宝13(754)
中国,盛唐の詩人。 汴州 (河南省) の人。字,不詳。酒色を好んだと伝えられ,艶麗な楽府 (がふ) 体の詩が多いが,七律『黄鶴楼』は唐律詩中の絶唱として有名。また,辺塞詩にも佳作がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


さいこう
(704?―754)

中国、盛唐の詩人。字(あざな)不明。(べんしゅう)(河南省開封市)の人。723年(開元11)進士にあげられ、天宝年間(742~756)、司勲員外郎(しくんうんがいろう)となった。秀才であったが素行が修まらないところがあり、妻を何遍も取り替えたという。若い時代の詩は軽薄とされたが、年をとるとともに気骨のある詩をつくるようになった。『全唐詩』に1巻、42首の作品を残している。湖北省武昌(ぶしょう)にあった黄鶴楼(こうかくろう)に登ったときにつくった七言律詩「黄鶴楼」(「昔人已(すで)に白雲に乗じて去り」で始まる詩)はとくに有名で、後年李白(りはく)が黄鶴楼に登ったとき、崔のこの詩以上のものはできないとして、歌わずに立ち去ったという伝説がある。宋(そう)の厳羽(げんう)は、崔の「黄鶴楼」を、唐代七律第一の傑作として高く評価した。[鈴木修次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

崔顥の関連キーワード慶雲三作神楽川原寺観心寺慶雲金剛寺史思明大宝成相寺菩提僊那

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android