滅道(読み)メツドウ

大辞林 第三版の解説

めつどう【滅道】

〘仏〙 滅諦めつたいと道諦どうたい。執着を断った悟りの世界と、それに達するための正しい修行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めつ‐どう ‥ダウ【滅道】

〘名〙 仏語。四諦(したい)の中の滅諦と道諦。生死の迷いの因果を滅した涅槃(ねはん)と、その涅槃を証する八正道などの修行をいう。
正法眼蔵(1231‐53)仏教「道は第一義なりといふは、論師の見解なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android