コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝富太郎 たき とみたろう

1件 の用語解説(滝富太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝富太郎 たき-とみたろう

1884-1964 明治-昭和時代の商人。
明治17年6月生まれ。両親の死により,父の郷里滋賀県の北川家の養子となる。東京ではたらき,明治45年織物問屋滝富商店を設立。母校稲枝東小学校(彦根市)の体育館,竹生島(ちくぶしま)弁財天本堂などの建築費を寄付した。昭和39年4月29日死去。79歳。長野県出身。著作に自伝「風雪七十年」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

滝富太郎の関連キーワード杉道助出来商人青島はな浅川伯教伊地知純正加藤義夫木内キヤウ沢部清五郎細野燕台毛利教武

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone