彦根市(読み)ひこね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

彦根〔市〕
ひこね

滋賀県,琵琶湖中東岸にある市。 1937年彦根町と松原,青波,北青柳,福満,千本の5村が合体し,市制。 42~68年にかけて8町村を編入市域湖岸の沖積地と霊仙山に続く山地から成る。中心市街地の彦根は,江戸時代井伊氏 35万石の城下町として発展。現在も城下町の景観を残す。明治以降は湖東地方の行政,商業,文教の中心地で,紡績,バルブコックの工業が興った。第2次世界大戦後,新たに電機,ゴムの大工場が進出。伝統工業に仏壇,籐製品の製造がある。農村部では米作が主。彦根城一帯は特別史跡で,国宝天守閣多聞櫓が残る。また,『彦根屏風』は初期風俗画中の傑作として知られる。市域には石田三成の佐和山城跡もあり旧跡,古社寺が多い。中山道沿いには旧宿場町の鳥居本高宮がある。 JR東海道本線,近江鉄道本線が通り,名神高速道路のインターチェンジがある。湖岸はマツ並木のある景勝地で水泳場になっており,付近一帯は琵琶湖国定公園に属する。面積 196.87km2。人口 11万3679(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android