コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝川正利 たきがわ まさとし

2件 の用語解説(滝川正利の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

滝川正利

江戸前期の常陸片野藩主。滝川家第二代当主。伊勢神戸生。伊勢神戸藩主滝川雄利の子。従五位下壱岐守。大坂夏の陣で戦功を挙げた。のち多病により領地返上して旗本となる。寛永2年(1625)歿、36才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝川正利 たきがわ-まさとし

1590-1625 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)18年生まれ。滝川雄利(かつとし)の子。慶長15年常陸(ひたち)(茨城県)片野藩主滝川家2代となる。病身と世継ぎ不在のため,寛永2年領地の大半を返上して2000石の旗本となった。寛永2年11月7日死去。36歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

滝川正利の関連キーワード北条氏信青木重成井伊直澄伊丹勝政織田信昌西尾嘉教丹羽氏信本多重能前田利意水野勝貞

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone