コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝高渠 たき こうきょ

1件 の用語解説(滝高渠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝高渠 たき-こうきょ

1745-1792 江戸時代中期-後期の儒者。
延享2年生まれ。滝鶴台の3男。長門(山口県)萩藩士。安永2年父の没後家督をつぎ,藩主毛利重就(しげなり)の侍講をつとめた。寛政4年1月26日死去。48歳。名は鴻。字(あざな)は子儀。通称は鴻之允。著作に「鶴台先生行状」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

滝高渠の関連キーワード片山北海ビターリ(父子)砲術石井庄助雲仙岳ブルボン朝ゴヤ(年譜)史跡伊藤梅宇伊能忠敬

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone