コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝鶴台 たきかくだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滝鶴台
たきかくだい

[生]宝永6(1709)
[没]安永2(1773)
江戸時代中期,長州萩の儒者漢方医服部南郭,山脇東洋らとも親交があり,徂徠学を伝え,仏教にも詳しく,藩政にも参与した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝鶴台 たき-かくだい

1709-1773 江戸時代中期の儒者。
宝永6年生まれ。小倉尚斎,山県周南にまなび,享保(きょうほう)16年江戸にでて服部南郭に師事。のち長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主毛利重就(しげなり)の侍講となった。和歌や医学などにも通じた。安永2年1月24日死去。65歳。長門出身。本姓引頭(いんどう)。名は長愷。通称は亀松,弥八。著作に「三之逕(さんのみち)」「長門癸甲問槎(きこうもんさ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

防府市歴史用語集の解説

滝鶴台

 江戸時代中頃の儒学[じゅがく]者です。1730年に右田の郷校[ごうこう]・時観園[じかんえん]の教授になりました。その他、毛利重就[もうりしげたか]から藩のおかかえ儒学者にされています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

たきかくだい【滝鶴台】

1709~1773) 江戸中期の儒家・医師。長門ながと国の人。名は長愷、通称、弥八。本姓は引頭。服部南郭らに儒学を学ぶ。国史・仏教・筆法にも精通。著「三乃逕」「鶴台遺稿」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

滝鶴台の関連キーワード横尾文輔若月大野大森子陽滝高渠役藍泉儒家筆法

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android