コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝鶴台 たきかくだい

5件 の用語解説(滝鶴台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滝鶴台
たきかくだい

[生]宝永6(1709)
[没]安永2(1773)
江戸時代中期,長州萩の儒者,漢方医。服部南郭山脇東洋らとも親交があり,徂徠学を伝え,仏教にも詳しく,藩政にも参与した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たき‐かくだい【滝鶴台】

[1709~1773]江戸中期の医師。長門(ながと)の人。名は長愷。通称、弥八。儒学を山県周南服部南郭に学び、医学を山脇東洋らに学んだ。また、仏教・和歌・国史にも通じた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝鶴台 たき-かくだい

1709-1773 江戸時代中期の儒者。
宝永6年生まれ。小倉尚斎,山県周南にまなび,享保(きょうほう)16年江戸にでて服部南郭に師事。のち長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主毛利重就(しげなり)の侍講となった。和歌や医学などにも通じた。安永2年1月24日死去。65歳。長門出身。本姓は引頭(いんどう)。名は長愷。通称は亀松,弥八。著作に「三之逕(さんのみち)」「長門癸甲問槎(きこうもんさ)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

防府市歴史用語集の解説

滝鶴台

 江戸時代中頃の儒学[じゅがく]者です。1730年に右田の郷校[ごうこう]・時観園[じかんえん]の教授になりました。その他、毛利重就[もうりしげたか]から藩のおかかえ儒学者にされています。

出典|ほうふWeb歴史館
防府市歴史用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

たきかくだい【滝鶴台】

1709~1773) 江戸中期の儒家・医師。長門ながと国の人。名は長愷、通称、弥八。本姓は引頭。服部南郭らに儒学を学ぶ。国史・仏教・筆法にも精通。著「三乃逕」「鶴台遺稿」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

滝鶴台の関連キーワード徳川家宣徳川綱吉元禄時代東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川綱吉東山天皇円明園笈の小文

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone