漁舟(読み)ギョシュウ

  • ぎょしゅう ‥シウ
  • ぎょしゅう〔シウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 漁猟をする小さな舟。いさりぶね。
※和漢朗詠(1018頃)下「漁舟の火の影は寒うして浪を焼く 駅路の鈴の声は夜山を過ぐ〈白居易〉」
※太平記(14C後)一七「十月廿日の曙に、江山雪晴れて漁舟(キョシュウ)一蓬の月を載せ、帷幕(いばく)風捲いて貞松千株の花を敷けり」 〔顔氏家訓‐省事〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漁舟の関連情報