漁猟(読み)ギョリョウ

  • ぎょりょう ‥レフ
  • ぎょりょう〔レフ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 漁業と狩猟。魚や鳥獣をとること。
※続日本紀‐養老五年(721)六月乙酉「太政官奏言。国郡官人。漁猟黎元。擾乱朝憲。故置按察使
② 魚、貝、海藻などをとること。漁業。すなどり。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「身の楽に田猟(かり)をして鹿を殺さず。又漁猟(ギョリャウ)をして鱗(うろくず)を捕らず」 〔史記‐張耳陳余〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android