漁猟(読み)ギョリョウ

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐りょう〔‐レフ〕【漁猟】

漁労と狩猟。「漁猟時代」
漁業。すなどり。「漁猟船」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょりょう【漁猟】

魚をとることと、狩りをすること。 「 -生活」
魚介類をとること。漁業。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょ‐りょう ‥レフ【漁猟】

〘名〙
漁業と狩。魚や鳥獣をとること。
※続日本紀‐養老五年(721)六月乙酉「太政官奏言。国郡官人。漁猟黎元。擾乱朝憲。故置按察使
② 魚、貝、海藻などをとること。漁業。すなどり。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「身の楽に田猟(かり)をして鹿を殺さず。又漁猟(ギョリャウ)をして鱗(うろくず)を捕らず」 〔史記‐張耳陳余〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漁猟の関連情報