コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衡陽 こうよう

3件 の用語解説(衡陽の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

衡陽【こうよう】

中国,湖南省南部の同省第2の都市。旧名衡州。湘江・耒水(らいすい)・蒸水の合流点に当たり,京広鉄路・湘桂鉄路の連絡点をなす。鉱山機械製造工業を中心に,精米,セメント,製粉,タバコ,製材等の工業が発達,さらに硫酸・製薬・農機具工業もあって,湖南省中・南部の工業の中心地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうよう【衡陽 Héng yáng】

中国,湖南省南部の工業・交通都市。人口74万(1994)。湘江とその支流の耒水(らいすい)・蒸水が市内で合流し,京広(北京~広州)・湘桂(衡陽~友誼関)両鉄道が交わる。漢代に承陽県が置かれ,隋代に衡陽県と改められた。古来,湖南省南部における水陸一貫交通・物資集散の中心で,1943年衡陽県から分離して市となった。耒陽市のほか6県を管轄する。岩塩を原料とした化学工業など重化学工業が発達している。名勝に富み,四大書院の一つに数えられ,唐の李寛の創立にかかる石鼓書院のほか,合江亭,開雲楼をはじめ古跡も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衡陽
こうよう / ホンヤン

中国、湖南(こなん)省中南部の工業都市。地級市であり、5市轄区、5県を管轄し、2県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口791万5000(2014)。長江(ちょうこう)(揚子江(ようすこう))水系の湘江(しょうこう)とその支流の耒水(らいすい)、蒸水(じょうすい)との合流点に位置する。五岳の一つである衡山(こうざん)がその名の由来である。漢代は承陽、鐘武2県に属し、隋(ずい)代に臨烝県とあわせて衡陽県が置かれ、衡州州治となり、歴代路治、府治であった。1943年市制施行。
 湖南省南部の水陸交通の要衝で、京広線から、湘桂(しょうけい)線(衡陽―憑祥(ひょうしょう))が分岐し、湘江の河港でもある。地下資源はカオリン土など多種多様で、金属、機械、鉱山開発、セメント、化学肥料、紡織などの工業が立地する。周辺農村部は米、サツマイモ、タバコ、ラミー(チョマ)、豆類、ハスを産し、南岳(なんがく)の雲霧茶(うんむちゃ)(緑茶の一種)、(きとう)の黄花菜(ホワンホワツアイ)(食用花)と莚(むしろ)、衡東(こうとう)の柑橘(かんきつ)類などが名産である。石鼓嘴(せきこし)、回雁峰(かいがんほう)などの名勝がある。[河野通博・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衡陽の関連キーワードクリボイログバーミンガム邯鄲桂林湖南常徳斉斉哈爾長治包頭柳州

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

衡陽の関連情報