コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂浪 ヒョウロウ

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐ろう〔ヘウラウ〕【漂浪】

[名](スル)さすらうこと。さまよいあるくこと。放浪。
「賭場から賭場を、一緒に―して歩いた忠次迄が」〈菊池寛・入れ札〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうろう【漂浪】

( 名 ) スル
あてもなくさまようこと。さすらうこと。 「曽て-生活を送つたことのある大阪の土地や/黴 秋声

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

漂浪の関連キーワード俵・兵・剽・憑・標・氷・漂・瓢・票・表・評・豹・飄コロノスのオイディプスオデュッセイア岡本 霊華旧石器時代岡本霊華山崎 斌山崎斌賭場秋声

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漂浪の関連情報