(読み)ヒョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ただよ・う ただよふ【漂】

〘自ワ五(ハ四)〙
① 空中、水面などに浮かんでゆらゆらと動いている。ゆれ動いて一つ所に定まらない。
※古事記(712)上「国稚(わか)く浮きし脂の如くして、久羅下那州(くらげなす)多陀用弊(タダヨヘ)る時」
※落梅集(1901)〈島崎藤村〉舟路「大空に雲は飄(タダヨ)ひ 潮分けて舟は行くなり」
② 迷い歩く。ふらふらとさまよう。うろうろする。
※源氏(1001‐14頃)帚木「なまうかびにては、かへりて、悪しき道にも、ただよひぬべくぞ」
③ たよりなく生きる。よるべない生活をおくる。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「うち捨ててん後の世に、ただよひさすらへんこと」
④ 安定しないで、ふわふわしている。落ち着かないでふらふらする。よろめく。
※源氏(1001‐14頃)常夏「青き色紙ひとかさねに、いと草(さう)がちに、怒れる手の、そのすぢとも見えず、ただよひたる書きざま」
※日葡辞書(1603‐04)「アシガ tadayôte(タダヨウテ) ユク」
⑤ ひるむ。たじたじとなる。
※太平記(14C後)二六「少も漂(タダヨ)ふ気色無して、大音声を揚て」
⑥ 表情や雰囲気(ふんいき)に表われる。ある感情が表面にそれとなく表われる。
※まぼろし(1898)〈国木田独歩〉渠「何処ともなく零落の影が容貌の上に漂(タダヨ)ふて居る」

ただよわただよはし【漂】

〘形シク〙 (動詞「ただよう」の形容詞化した語) ただよっているようである。しっかりと定まらない。落ち着かない。たよりなさそうである。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「ただ、心の筋を、ただよはしからず、もてしづめおきて」
ただよわし‐げ
〘形動〙
ただよわし‐さ
〘名〙

ただよわ・す ただよはす【漂】

〘他サ四〙
① ただようようにする。落ち着かない状態にする。よるべなくさせる。
※書紀(720)斉明六年一〇月(北野本訓)「我が蝥賊(あしきあた)を率て来て我が疆場(さかひ)を蕩揺(タタヨハシ)
※今昔(1120頃か)二四「何(いづ)ちとも无くて被漂(ただよはされ)たる船出来たり」
② 表情や雰囲気などに表わす。
※後裔の街(1946‐47)〈金達寿〉四「妙な微笑を顔に漂わして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漂の関連情報