コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漆草 ウルシグサ

デジタル大辞泉の解説

うるし‐ぐさ【漆草】

ウルシグサ科の褐藻。北海道・本州北部の太平洋岸の岩礁上に着生。長さ0.5~1メートル。細かい枝が羽状に広がり、黄褐色硫酸を含むので枯れると青変する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うるしぐさ【漆草】

褐藻類ウルシグサ目の海藻。低潮線付近の岩上に着生する。この藻は空気に触れ枯死すると特殊の酸を出し、藻体も青変する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

漆草の関連キーワードウルシグサ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android