コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漉く/抄く スク

デジタル大辞泉の解説

す・く【×漉く/抄く】

[動カ五(四)]《「透く」と同語源》
溶かした原料を簀子(すのこ)の上に薄くのばし敷いて紙をつくる。また、パルプなどを原料にして紙をつくる。「紙を―・く」
紙のように薄いものをつくる。「海苔(のり)を―・く」
[可能]すける[カ下一]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漉く/抄くの関連キーワード水上勉(みずかみつとむ)漉き入れ・抄き入れ漉き破れ紙透し入り紙紙漉き唄西洞院紙流し漉き漉き込む名塩和紙越前和紙紙漉き槽紙漉き機漉き入れ紙漉唄薄墨紙西の内紙漉き生漉き備中紙民芸紙

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android