コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漏刻博士 ろうこくはかせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漏刻博士
ろうこくはかせ

「ときもりのはかせ」「ときもりづかさ」ともいう。律令制で時刻を知らせる官吏。中務省陰陽寮所属の従七位下相当官。正官,権官各1名がおかれた。守辰丁 (しゅしんてい,ときもり) 20人を率い,漏刻を調べて鐘や太鼓で時刻を報じた。平安時代中期以降すたれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろうこく‐はかせ【漏刻博士】

律令制で、陰陽寮(おんようりょう)に属した職員の一。時守(ときもり)(守辰丁)を指揮して漏刻の目盛りを見、時刻を知らせることをつかさどった。ときづかさ。ときもりのはかせ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漏刻博士の関連キーワード鴉鷺合戦物語時守博士陰陽道景徳王大統暦司辰

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android