コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢呉音図 かんごおんず

3件 の用語解説(漢呉音図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢呉音図
かんごおんず

太田全斎著。3巻。文化 12 (1815) 年刊。図表である『漢呉音図』と,それの説明である『漢呉音徴』『漢呉音図説』の3部から成る。『韻鏡』 43転図の各文字の漢音と呉音の考証をしたもので,開合の別,三内鼻音 (特に唇内と舌内) の別などに関する従来の誤りを訂正するなど,江戸時代における最もすぐれた字音研究書の一つである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんごおんず〔カンゴオンヅ〕【漢呉音図】

江戸後期の韻鏡の研究書。3巻。太田全斎著。文化12年(1815)刊。漢呉音図・漢呉音徴・漢呉音図説からなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんごおんず【漢呉音図】

字音研究書。太田全斎著。三冊。1815年刊。韻鏡に基づいて漢字音の漢音と呉音を究明しようとしたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢呉音図の関連キーワード竹上八十房桜井信景太田全斎義門俚言集覧諺苑稲葉正備太田資言太田資順酒井忠全

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone