コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢呉音図 かんごおんず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢呉音図
かんごおんず

太田全斎著。3巻。文化 12 (1815) 年刊。図表である『漢呉音図』と,それの説明である『漢呉音徴』『漢呉音図説』の3部から成る。『韻鏡』 43転図の各文字の漢音と呉音の考証をしたもので,開合の別,三内鼻音 (特に唇内と舌内) の別などに関する従来の誤りを訂正するなど,江戸時代における最もすぐれた字音研究書の一つである。一貫した原理に基づき全体を統一的に説明しようとする態度がみられるが,あまりに図式的に割切りすぎて実際と離れてしまった点もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんごおんず〔カンゴオンヅ〕【漢呉音図】

江戸後期の韻鏡の研究書。3巻。太田全斎著。文化12年(1815)刊。漢呉音図・漢呉音徴・漢呉音図説からなる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんごおんず【漢呉音図】

字音研究書。太田全斎著。三冊。1815年刊。韻鏡に基づいて漢字音の漢音と呉音を究明しようとしたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

漢呉音図の関連キーワードラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチ国家連合ルイ[18世]オイレンブルクシュタインハルデスプルーインヘボン

今日のキーワード

共謀罪

ある特定の犯罪を行おうと具体的・現実的に合意することによって成立する犯罪。実際に犯罪を行わなくても、何らかの犯罪を共謀した段階で検挙・処罰することができる。米国や英国などでは設けられているが、日本の刑...

続きを読む

コトバンク for iPhone