コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢式鏡 かんしききょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢式鏡
かんしききょう

主として日本の古墳から出土する中国製の鏡。あるいはこれを模して日本でつくった鏡を総称していう。文様から星雲鏡,精白鏡,内行花文鏡,神獣鏡などの名称があり,つくられた年代から戦国鏡,前漢鏡,後漢鏡,魏晋鏡,三国鏡などの名称もある。単に漢鏡という場合は,年代による名称である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんしき‐きょう〔‐キヤウ〕【漢式鏡】

日本の古墳から出土する鏡のうち、中国の漢から六朝(りくちょう)時代にかけて製造された銅鏡、および、日本でそれを模倣してつくった仿製鏡(ぼうせいきょう)。→漢鏡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢式鏡の関連キーワードタシュティク文化三津永田遺跡男体山頂遺跡二塚山遺跡方格規矩鏡後藤 守一立岩遺跡平原遺跡青銅器画像鏡四神鏡仏像鏡鈴鏡

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android