コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢式鏡 かんしききょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢式鏡
かんしききょう

主として日本の古墳から出土する中国製の鏡。あるいはこれを模して日本でつくった鏡を総称していう。文様から星雲鏡,精白鏡,内行花文鏡,神獣鏡などの名称があり,つくられた年代から戦国鏡,前漢鏡,後漢鏡,魏晋鏡,三国鏡などの名称もある。単に漢鏡という場合は,年代による名称である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんしき‐きょう〔‐キヤウ〕【漢式鏡】

日本の古墳から出土する鏡のうち、中国の漢から六朝(りくちょう)時代にかけて製造された銅鏡、および、日本でそれを模倣してつくった仿製鏡(ぼうせいきょう)。→漢鏡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしききょう【漢式鏡】

日本の古墳から出土する鏡のうち、漢鏡の形式のものの総称。中国から伝来したものと、それをまねて日本で作ったものとがある。 → 漢鏡 仿製鏡ぼうせいきよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

漢式鏡の関連キーワードタシュティク文化三津永田遺跡男体山頂遺跡後藤 守一方格規矩鏡二塚山遺跡立岩遺跡平原遺跡青銅器画像鏡四神鏡仏像鏡鈴鏡

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android