コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢式鏡 かんしききょう

3件 の用語解説(漢式鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢式鏡
かんしききょう

主として日本の古墳から出土する中国製の鏡。あるいはこれを模して日本でつくった鏡を総称していう。文様から星雲鏡,精白鏡,内行花文鏡,神獣鏡などの名称があり,つくられた年代から戦国鏡,前漢鏡,後漢鏡,魏晋鏡,三国鏡などの名称もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんしき‐きょう〔‐キヤウ〕【漢式鏡】

日本の古墳から出土する鏡のうち、中国の漢から六朝(りくちょう)時代にかけて製造された銅鏡、および、日本でそれを模倣してつくった仿製鏡(ぼうせいきょう)。→漢鏡

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんしききょう【漢式鏡】

日本の古墳から出土する鏡のうち、漢鏡の形式のものの総称。中国から伝来したものと、それをまねて日本で作ったものとがある。 → 漢鏡 仿製鏡ぼうせいきよう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢式鏡の関連キーワード夕日和暦あんたがたどこさおうまぞうさんたきび日本のエーゲ海、日本の死冬景色日本の台湾統治日本の大衆文化開放

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone