コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜く カズク

デジタル大辞泉の解説

かず・く〔かづく〕【潜く】

《「被く」と同語源》
[動カ四]
水中にもぐる。
「にほ鳥の―・く池水心あらば君に我(あ)が恋ふる心示さね」〈・七二五〉
水にもぐって、魚や貝などをとる。
「伊勢のあまの朝な夕なに―・くといふあはびの貝の片思(かたもひ)にして」〈・二七九八〉
[動カ下二]水中にもぐらせる。
「上つ瀬に鵜(う)を八つ―・け」〈・三三三〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かずく【潜く】

( 動四 )
水中に頭からもぐる。 「にほ鳥の-・く池水/万葉集 725
水にもぐって貝・海藻などをとる。 「沖つ島い行き渡りて-・くちふ鮑玉あわびたまもが包みて遣らむ/万葉集 4103
( 動下二 )
水中にもぐらせる。 「上つ瀬に鵜を八頭やつ-・け/万葉集 3330

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

潜くの関連キーワード亭主石万葉集潜り戸八つ客石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android