コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜く カズク

2件 の用語解説(潜くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かず・く〔かづく〕【潜く】

《「被く」と同語源》
[動カ四]
水中にもぐる。
「にほ鳥の―・く池水心あらば君に我(あ)が恋ふる心示さね」〈・七二五〉
水にもぐって、魚や貝などをとる。
「伊勢のあまの朝な夕なに―・くといふあはびの貝の片思(かたもひ)にして」〈・二七九八〉
[動カ下二]水中にもぐらせる。
「上つ瀬に鵜(う)を八つ―・け」〈・三三三〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かずく【潜く】

( 動四 )
水中に頭からもぐる。 「にほ鳥の-・く池水/万葉集 725
水にもぐって貝・海藻などをとる。 「沖つ島い行き渡りて-・くちふ鮑玉あわびたまもが包みて遣らむ/万葉集 4103
( 動下二 )
水中にもぐらせる。 「上つ瀬に鵜を八頭やつ-・け/万葉集 3330

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潜くの関連キーワード被く梳く鋤く炊く措く引き被く老ける