潜在需要(読み)せんざいじゅよう(英語表記)latent demand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「潜在需要」の解説

潜在需要
せんざいじゅよう
latent demand

に対する欲求が,実際にその財を購入するだけの購買力の裏づけのある場合,これを有効需要と呼ぶのに対して,少くともその時点では購買力の裏づけをもたない欲求を潜在需要と呼ぶ。これは所得増加価格低下などによって顕在化する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「潜在需要」の解説

せんざい‐じゅよう ‥ジュエウ【潜在需要】

〘名〙 購買力はあっても、物資統制、供給不足また高値のために物を手に入れることができないような、表面に現われない需要。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「潜在需要」の解説

せんざい‐じゅよう〔‐ジユエウ〕【潜在需要】

購買力の不足や商品情報の欠如などの理由により、市場に現れてこない需要。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android