潮煮(読み)ウシオニ

  • ▽潮煮
  • うしおに うしほ‥
  • うしおに〔うしほ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 料理の名。鯛や貝などを塩で味付けした吸い物。うしお。うしおじる。
※看聞御記‐応永三二年(1425)八月一七日「水車火の車にそ成にける池の魚をはうしをににして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の潮煮の言及

【潮汁】より

…単に潮ともいう。鮮度のよい魚貝類を塩味だけで調味した汁で,室町時代以後潮煮と呼ばれていた料理。《四条流庖丁書》には,海水をくんでタイを煮て進めたことに起こった名とし,〈ウシホヲ汲テ先煎(セン)ジテ,サテ魚ヲ入,酒シホ入テ参ラスル也,イツモノ如カツホ入ベシ〉としている。…

※「潮煮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android