コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮煮 ウシオニ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

うしおに【潮煮】

①鯛・かつおなどの魚介類を材料とした塩味の煮物。汁は通常の煮物より多めで、汁も味わう。
潮汁(うしおじる)。⇒潮汁

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の潮煮の言及

【潮汁】より

…単に潮ともいう。鮮度のよい魚貝類を塩味だけで調味した汁で,室町時代以後潮煮と呼ばれていた料理。《四条流庖丁書》には,海水をくんでタイを煮て進めたことに起こった名とし,〈ウシホヲ汲テ先煎(セン)ジテ,サテ魚ヲ入,酒シホ入テ参ラスル也,イツモノ如カツホ入ベシ〉としている。…

※「潮煮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

潮煮の関連キーワード四条流包丁書即席料理平ら一面

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮煮の関連情報