潺潺(読み)せんせん

精選版 日本国語大辞典「潺潺」の解説

せん‐せん【潺潺】

〘形動タリ〙 浅い水がよどみなく流れるさま。また、そのを表わす。さらさら。
※俳諧・本朝文選(1706)五・記類・五老井記〈許六〉「霊泉あり、水のたたゆる事、(わづか)あまりにして、三尺の盆池よりながれ出る事、潺々(センセン)滔々たり」 〔白居易‐間題家池寄王屋張道士詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「潺潺」の解説

せん‐せん【××潺】

[ト・タル][文][形動タリ]浅い川などの水がさらさらと流れるさま。
「一水―と流るるもあり」〈子規・墨汁一滴〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android