コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄存 ちょうぞん

1件 の用語解説(澄存の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澄存 ちょうぞん

?-1652 江戸時代前期の僧。
今川氏真(うじざね)の子。京都の天台宗若王子(にゃくおうじ)乗々院の院主となる。熊野三山奉行などをつとめた。承応(じょうおう)元年死去。駿河(するが)(静岡県)出身。号は勝仙院,徳本院。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

澄存の関連キーワード承応戸次庄左衛門松木荘左衛門ケープ植民地戸次庄左衛門別木庄左衛門南アフリカ共和国浅見絅斎王鐸

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone